CentOS6.9の設定1:デスクトップ環境とVNC環境の導入(サーバ側)

デスクトップ環境の選択

CentOS6上で簡単に構築できそうなデスクトップ環境はGnomeか、KDEか、xfce。
なるべく負荷をかけたくないので、xfce一択です。
本当は、LXDEやMATEも考えましたが…面倒くさそうなので、xfceに逃げました(笑)。

 

Xwindowとxfceのインストール

下記のコマンドでお手軽インストールです。

$ sudo yum groupinstall “X Window System”
$ sudo yum groupinstall “Japanese Support”
$ sudo yum groupinstall Xfce

もしエラーがでたら、下記を実行してから、再度実行するとで解決できるかもしれません。

$ sudo yum install -y epel-release

 

hostsファイルの編集

xfceを起動したとき、『Could not look up internet address for~』というメッセージが表示されました。
これを回避するのは下記を実行します。

$ sudo vi /etc/hosts

このファイルの『127.0.0.1   localhost』を『127.0.0.1   localhost   (ホスト名)』にします。
ホスト名が『vpshostname』の場合、下記の通りとなります。

これで『Could not look up internet address for~』が出なくなります。

 

VNCサーバのインストールと設定

遠隔操作でデスクトップ環境を使うためにVNCサーバをインストールし、VNCのパスワードを指定します。

$ sudo yum install tigervnc-server
$ vncpasswd

 

サーバ起動時にVNCが起動するように『/etc/rc.local』を編集します。

$ sudo vi /etc/rc.local

下記を追記します。

ユーザ名は接続するVNCで接続するユーザ名です。
1024×700は解像度です。自由に設定できます。

 

次にVNC接続時にxfceが起動するように設定を変更します。

$ cd ~
$ vi .vnc/xstartup

このファイルを下記の通り修正します。

上記の通りxstartupを修正しないと、下記のメッセージがvncのログに出力され、xfceが起動しません。

修正前の『xstarup』だと、『/etc/X11/xinit/xinitrc』を使ってgnomeを起動しようとするためのようです。

 

サーバ側の設定はこれで完了です。
クライアント側も設定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + twenty =